MEINL(マイネル) TOP
   


SPLIT TONE PAD

Designed by Anika Nilles

アニカ・ニルス・シグネチャー練習パッド

スプリットトーンパッド

■ リズムやフィールをより良く理解するために

練習において最も大切なことは、自分の演奏を客観的に聴き、完全に理解することです。普段演奏されているフレーズは、想像以上に感覚的になっていることも多く、実際に何が演奏されていのるか、耳と神経を集中して正確に聴き取ることが必要です。


Anika Nilles

■ スプリットトーンパッドの特徴

スプリットトーンパッドは、リズムの解釈にスポットを当てるため、アニカ・ニルスと共同で開発されました。

音と打感の違いで左右の手を分離することにより、それぞれの手のパターンへ集中して聴くことを助け明確な理解に導きます。

聴力、タイミング、創造性、持続性、筋力など、すべてのドラミング要素を意識して、全身トレーニングのように鍛え上げて行きましょう。

パッドの表面には、3つの異なるエリアがあり、それぞれ違う音が同時に鳴るため、両手間の相互作用を聴きながら、ドラムセットのパートでも、1つの面で練習することができます。


スプリットトーンパッドの使用方法

正確さを判断し、創造性を発揮して、強さを構築しましょう

練習パッド

リバーシブルのトレーニング面

ドラミングに必要な身体的な強さと持久力を構築することは、パワフルなパフォーマンスへの鍵ですが、すべてのダイナミクスをより細かく制御することも必須です。

スプリットトーンパッドを裏返しトレーニング面を使用します。裏面のフォームパッドはリバウンドが非常に少ないため、各ストロークに、より多くの身体的なエネルギーが必要になります。ショーの前にすばやく効果的なウォームアップが必要な場合にも最適です。テーブルなど平らな面でパッドを使うときは、裏面がノイズと振動を減少させるクッションとして機能します。

  ドラム練習

表面に3種の音色とフィール

黒いエリアはスタンダードなトーンとフィール、左右赤のエリアはハイピッチでより強いアタック、上部楕円のエリアは、柔らかくミュートされたフォームで構成されています。

お気に入りのパターンまたはルーディメントで、例えば、利き手を楕円のミュートエリアに、反対の手を黒か赤のエリアに置いて演奏します。すべての意識が音をクリエイトする手に向けられるので、問題の発見を容易にして解決することができます。

手を分割することで、ルーディメントやパターンに関する基礎知識も高まり、新しい演奏方が広がります。

 
スペック

仕様

  • 表面:3種の音色とそれぞれ打感の違うパッド
    裏面:リバウンドが少ないフルトレーニングパッド
  • 黒=スタンダードパッド
    左右赤=ハイピッチパッド
    上部楕円=ミュート・ソフトフォーム
  • 直径 12” サイズで、どのスネアスタンドにもフィット
  • 表面:6mm厚シリコンパッド
    裏面:12mm厚トレーニングフォーム=筋肉を構築
    ノイズ、振動カット
  • 中心素材:9mm厚 ソリッド MDF
  • マイネル・シンバル・アーティスト、アニカ・ニルスと共同開発
  • アニカ書き下ろしの、本パッド用エクササイズ付き
  スタンド

どのスネアスタンドにもフィット

直径 12” サイズで、どのスネアスタンドにもフィットするため、適切な高さと角度で練習できます。頑丈なMDFの芯材は強力で耐久性があるため、スタンドのアームでしっかりとパッドを掴みバランスを取ります。スネアスタンドで表裏の両面を使用できます。

表面

MEINL SPLIT TONE PAD

MSTP 12” 価格:OPEN

  裏面
スプリットトーンパッド
スプリットトーンパッド
スプリットトーンパッド
スプリットトーンパッド
スプリットトーンパッド



"16TH NOTE HAND INDEPENDENCE"

練習

"ALTERNATING STICKING"

練習


マイネル TOP / マイネルについて / 製品情報/ アーティスト / ビデオ / イベント / ECO / キョーリツコーポレーション
(C) 2016 MEINL / Kyoritsu Corporation, Ltd.